マンション売却の必要書類

8ba90fc877c4cbf5671e7e72ecedf760_s

マンションの引き渡しで必要になるのは?

マンション売却のために不動産会社と契約するにあたっても、身分証明書の提示などが必要となってきますが、マンション売却での必要書類というのは具体的には「物件引き渡し時の必要書類」となります。

その書類は主に以下の3点です。

・権利証
・印鑑証明
・評価証明あるいは公課証明

権利証は今は登記識別情報という呼称に変わっており、それに伴い書類の形式も変更となりました。
このため比較的最近購入したマンションを売却する際には、登記識別情報を示す書類が必要になります。

必要書類についてさらに詳しく

必要書類として挙げた2点目の印鑑証明は、実印の証明に使われます。

マンション売却の取引では実印が使われることとなるので、印鑑証明がないと実印であることを法的に証明できません。
また共有名義となっているマンションの売却では、名義人全員の実印および印鑑証明を用意しなければなりません。

次に評価証明・公課証明についてですが、これはどちらを用意しても構いません。
ただそれぞれの書類には違いがあり、評価証明では評価額のみを知ることができる一方で、公課証明ではそれに加えてその物件の固定資産税や都市計画税も知ることができます。

その他に必要な書類はある?

マンション売却の必要書類は、基本的には上記3つで構わないのですが、たとえば相続物件を売却するにあたり相続登記を実行していないことが判明すれば、それが相続された物件であることを書類によって証明しなければなりません。

あるいは、引っ越し後に登記の住所を変更しなかったというケースでも、別の書類が必要となります。
もし住民票を動かしていた場合には、移動履歴を示す書類も用意しなければなりません。
一度新しい住所へと移転した後、今度は所有権を動かすための登記を実施していくこととなります。

例外的なケースですと、用意すべき書類が増えることにはなりますが、そうでなければ必要書類は多いものではありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ