相続したマンション売却時の税金

a295414e615be13a47bc7ff9b6712589_s

相続によりマンションを得る場合も

マンションを相続するとなった場合には、税金についても考えていく必要があります。
その相続における税金についての問題はひとまず置いておくとして、マンションを相続によって譲り受けたとなれば、その管理も行わなければなりません。

マンションひと部屋くらいなら、管理らしい管理も必要ないだろうと思われるかもしれませんが、そうやって何もしないまま放置しておいたとしても固定資産税は発生し続けることになります。
またずっとそのように放置しておけば、マンションとしての価値も下がるので、できるだけ早く対策を取っていく必要があります。

使う予定がなければ売却を

もし相続したマンションを使う予定がないのなら、できるだけ早く売却することをおすすめします。
ただこの場合、通常のマンション売却とは違ったトラブルが発生することもあります。

もし相続人が複数名いて、その中で売却したい者としたくない者で分かれていれば、それによる問題へとつながるおそれがあります。

また相続したマンションの売却では、名義変更の必要性がある場合もあります。

相続人が複数名いて意見が分かれている場合でも、話し合いによって解決できることもあるので、もし相続したマンションを持て余してしまいそうであれば話し合う価値は十分にあるでしょう。

課税対象となるのは「譲渡益」

相続したマンションを売却し、譲渡益という一種の利益が生じたすれば、それは譲渡所得税・住民税といった税金の課税対象となります。
この譲渡益の算出に関しては、以下の計算式が当てはまります。

「譲渡益=売却金-(土地取得費1+土地譲渡費2)」

1の土地取得費ですが、これにはその土地(物件)を購入したときにかかった費用や仲介手数料といった費用が含められます。
2の土地譲渡費には、広告費や抵当権抹消登記費用といった費用が含められます。

また、相続した不動産の所有期間というのも税金に関係してくることであり、長期譲渡取得となったほうが特別控除などの関係上、有利になります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ