マンション売却で失敗しない為のポイント

家、キャラマンション売却をするケースは、通常、人生の中で何回もある事ではありません。
大きなお金が動くこともでもあるため、マンション売却で失敗は絶対避けたいところです。

そのためには、どんなことに注目していくといいのでしょうか。
そのポイントについてこちらでまとめてみました。
マンション売却入門編として、是非参考になさってください。

マンションを高く売却する3つのポイント

point1 少なくとも3ヵ月は時間的な余裕を持つssssss

通常、媒介契約から売却に至るまで1ヵ月から6ヵ月かかります。
いずれにせよ、焦ってよい事はありません。

point2 リフォームに手間やコストを惜しまない

買い手もキレイな部屋を選びたいものです。
明るさ、フレッシュさ、生活感のなさ、を演出しましょう。

point3 複数の不動産業者に査定してもらう

業者によって売却額が数百万単位で異なる事もあるので要注意。
最近は、ネットで一括見積りができるサイトがあるので便利です。

一括査定って?

最近のマンション売却では、一括査定サイトの利用もキーポイントとなってきます。
一回の査定申込で、最大○社の査定価格がわかってしまうというのが一括査定サイトの売りです。

マンションナビの場合は最大9社の査定価格がわかりますが、もしそれがわかれば不動産会社の比較もできますし、売りたい物件の相場というのも掴めてきます。

HOME4U(無料一括査定サイト)

hon累計15万件を越える定番サイト。
NTTデータが運営する大手です。
全国500社の優良不動産業者が参加。
1分の入力で簡単に査定依頼できます。

>>HOME4U公式サイト

売主としても、相場についてはある程度知っておいたほうがいいので、一括査定で情報収集を行っておくのがおすすめです。

 

また各不動産会社によって、欲しいと思う物件や得意とする物件には違いがあります。

このため、一人暮らし向けのマンション中心というような不動産会社に家族向けのマンションを売却してしまっては、ミスマッチが起こり査定価格に納得できないということになってしまうのです。
様々な不動産会社に査定をしてもらうのが成功のポイントです。

マンション売却でまずやっておきたいこと

パソコンと女性マンション売却では、まずはその相場の調査からスタートさせていきましょう。

売却予定の物件の相場がわからなければ、どれくらいで売れるのかもわからないですし、不動産会社選びも前に進めていくことができません。

その次には、契約する不動産会社の選定を本格的に進めていきます。
この選定作業では、査定価格はもちろんのこと、その不動産会社の評判なども関係してくるのではないでしょうか。

不動産会社との契約の後、売り出し価格の決定が行われます。
この売り出し価格は査定価格を参考にして算出されますが、あくまでも参考のため査定価格と売り出し価格が異なるケースもあります。

その後販売活動、売買契約、引き渡しへと進んでいきます。

マンション売却の査定法

マンションを売却することになったとき、マンションを査定してもらう必要があります。
気になる売却価格の査定法ですが、以下の4つに分類されています。
もちろんこれらはご自身がマンションを手放す際にも役立つ情報になるので参考に覚えておくといいでしょう。

1、取引事例比較法
これはマンション査定の際に使われる最もポピュラーな方法です。
簡単に言えば査定するマンションがあった場合、条件が同じような他のマンションとの取引事例を比較して査定を行う方法です。

2、新規マンション比較法
中古のマンションの建築年数と比較した上で、中古のマンションの老巧化などをベースに売却価格を割り出す方法です。

3、原価法
新築マンションの分譲価格を決める原価法。
主に、近隣での取引事例がない場合に使われます。

4、収益還元法
賃貸マンションの査定には主にこの査定方法が用いられます。
納得のいく売却額の提示をして貰う為にも、これら4つの方法は知っておきましょう。

媒介契約の種類

マンションについてンション売却における不動産会社との契約では、媒介契約をすることになりますが、この媒介契約にも種類があります。

専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約という3つのタイプの中で、契約中の他業者への依頼が可能なのは一般媒介契約のみとなります。

ただ専属専任媒介契約の場合は、売り主に対する報告義務が1週間に1回以上だったり、専任媒介契約であれば売り主に対する報告義務が2週間に1回以上だったりと、それぞれ異なる特徴があります。

一般媒介契約の場合はその報告義務がないため、契約の種類によってはマンション売却の進め方も大きく変わってくるということになるでしょう。

しかしいくら報告義務があるからと言って、なかなか成果が見られないようであれば困ったことになります。

一般媒介契約をのぞいては契約有効期間がそれぞれ3か月以内となるため、人によってはマンション売却で仲介会社の変更を行うこともあります。

売却する際のおおまかな流れ

中古マンションを売却するにあたって、理由は様々あると思います。
そこで、しっかり把握しておきたいのが「売却が完了するまでの期間」です。

中古マンションの売却は大まかな流れとして、査定→媒介契約→買い手探し→売買契約→引渡し
と、長い道のりがあります。
そのため「売ろう!」と決めれば、すぐに売れるわけではないことを理解しておきましょう。

特に販売価格にこだわりがあるのであれば、買い手探し期間が長引く可能性もあります。
一般的にマンション売却には短くても3ヶ月は必要とされています。
急いては事を仕損ずるということわざにもあるように、マンションの売却も時間がかかるということを念頭に置いて行いましょう。
大切なマンション売却を後悔することのないようにしたいものです。

注意したほうがいい担当者の特徴

pixta_10549745_Sンション売却に関しては、不動産会社に関わる人間以外はわからないことだらけという場合が多いでしょう。
それにも関わらず、専門用語を連発して説明をするような担当者では、その担当者はとても有能とは言えません。

また、売り主にとって不利になるような話を避ける傾向にある担当者も、注意したほうがいいでしょう。
マンション売却で売り主が思い描くことと言えば、「できるだけ高く売ること」です。
もし担当者がそれを実現できるだけの具体的なアドバイスをくれないという場合も、注意したほうがいいかもしれません。

これらを踏まえてまずはマンション一括査定を

マンション売却ではいろいろと知っておくべきポイントもありますので、それらを一通りチェックしていくということももちろん大切になります。
ですが売りたい物件の相場という具体的な数字がわからないと、なかなかその活動にもやる気を見い出せないなんてことがあるかもしれません。
ですからまずは、お試し感覚で一括査定をしてみるのもおすすめです。
一括査定のマンションナビはもちろん無料ですから、気軽にご利用いただけます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ